top of page
top19ver01.jpg
asnkjhs1nk.png
nddki001.jpg
tyotmt.jpg
case_001logo.png

​「配管類が再利用出来ない」と言われて新しい配管を買うことになった。
 ​追加料金20,000円が請求され合計25,000円になってしまった!

achkgz.jpg

​エアコンの取付けには、室内機と室外機をつなぐ配管やケーブルが必要になります。
元々使っているエアコンを引っ越しなどで移設する場合には、配管類の状態によっては再利用出来ます。
しかし、再利用出来る状態にも関わらず「古くなっていて再利用できない」と言われて、新しい配管を勧められることがあります。
その場合「事前にセットで申し込んでいないので1m単位での追加料金になる」と説明されて、価格は1mあたり5,000円~6,000円で請求されるケースが多いようです。
通常、室内機と室外機を同一階に設置する場合で配管類は約4m程使用します。その為、20,000円~24,000円くらいの追加料金がかかってしまいます。

※配管が古くなっていて再利用出来ないケースは実際にあります。
一概には言えませんが、《10年以上使用している》《2回以上引っ越ししている》《海沿いなどで潮風にあたりやすい》などの場合には再利用出来ないケースもあります。

case_002logo.png

「ガスが少なくなっている」と言われてガスを補充することになった。
 追加料金25,000円が請求されて合計30,000円になってしまった!

cp_gz0014.jpg

エアコンには「冷媒ガス」というものが使用されていて、室内機と室外機をつなぐ配管の中を通っています。
移設などで取外しをする際には、室外機に全てのガスを一旦封入します。
通常では、ガスが抜けてしまうことはほとんどありません。(厳密には、多少は抜けますが使用には問題ないレベルです)
にも関わらず、「ガスが抜けているので補充しないと使えない」と言われてしまうことがあります。
​一般の方では判断が出来ない為、補充を依頼すると大体20,000円~25,000円程度請求されてしまいます。
しかし、実際には「ガスは抜けていなくて補充もしていない」なんてケースも・・・

※実際にガスが抜けてしまっているケースも稀にですがあります。

理由の多くは、「室外機のガスを封入してあるネジがきちんとしまっていなかった」「取外しの際に、手順を間違えてガスの回収がしっかり出来なかった」という工事ミスです。

ガスが少ない場合にはゲージで確認をすることが出来ますので、「ガスが少ない」と言われた場合にはゲージを確認させてもらいましょう。

5senhzdtnn.jpg

目先の安さだけで選ぶと、高くついてしまうことも・・・

mddwkkjnti.png
zsnnkjrdzs.png
odritirjs.jpg

エアコン工事の善し悪しは、パっと見ただけではわからないものもあります。

見えない部分もしっかりと工事しているかどうかで、年数が経つほどその違いが明らかになります。

ずさんな工事は家の寿命を縮めてしまうことにもつながります。

また、虫や小動物が侵入してしまうこともあります。

見えない部分もしっかりと工事するかどうか、事前によく確認することが大切です!

mtmtnssackj_orlog.png
標準取付工事

『標準取付工事』は以下の内容になります。

エアコン標準取付工事
エアコン取付工事確認事項

下記の場所等へ設置する場合には別途工事費が掛かります。

現在多数のご依頼をいただいており、全てのサービスの対応が5月30日以降となっております。
​お急ぎのお客様にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

1154322.png

当店は安さは売りにしていません。
​高品質な材料を用いて、適正内容でしっかりと工事いたします。

ルームエアコン取付け料金(税込)

標準内容設置基本料金 : 19,800円 ※配管・ケーブル別
※標準取付工事と同等の取り付けをしている3.6kw未満のエアコンを設置する場合の基本料金となります。

3.6kw超 標準内容設置基本料金 : 23.100円 ※配管・ケーブル別
 ​配管2分4分の場合にはプラス5,500円

ルームエアコン取外し料金(税別)

標準取り外し料金 : 4,400円
※標準取付工事と同等の取り付けをしているエアコンを取り外す場合の料金となります。
 屋置きや壁面設置など標準取付工事外設置の場合は追加料金 3,300円~が掛かります。(お見積りとなります。)

材料及び設置料金表 (税込)

配管等

配管化粧カバー

穴あけ工事

電源工事

ガス補充

高所作業等

​その他作業

上記に記載がない追加工事について発生する場合には、別途お見積りとなります。

bottom of page